鳥さんたち birds


   とりさん。とりさんは、くちばしを持っていて、つばさを持っていて、体温が高くて、空をとぶことができて(飛べない鳥もいます。ペンギンみたいにツバサのない鳥もいますです)
   二本足で、骨の中を軽く空洞にしていて(軽量化)そして、たまごを生んで、おっぱいがないのです。


   ○△鳥獣店という看板のある鳥屋さんがありました。そこへ行くと、鳥が主体なお店だけれど金魚やクサガメもいて、たまにハムスターがいたりすると嬉しかったのよね。。太っちょのゴールデンハムスターもそこにいたの。握りこぶしくらいあるハムスターを連れて帰った時がありました。
ある日、油断をしてしまい、入り口をちょっと開けたままにしてしまったのね
脱走してしまったものだから、たいへん、たいへん。いろいろなところを探しても中々でてこなくて、数日過ぎてしまったの。どうしていないんだろう・・と諦めかけた時に、たたんで置いてあった手編みのセーターを、ふと手に持ったら、そのセーターの中にいて巣を作っていましたという思い出があります。毛糸はちりぢりになって可愛い巣がセーターのど真ん中に出来ていました。

ハムスターも鳥獣店では人気ものだったけれど、お店の中で一番人気だったのが、黒い九官鳥のキュウーちゃんでした。
竹の籠に入っていて、「ボクノ、ナマエハ、キュウチャン」「キュウチャンダヨ。キュウチャンダヨ」「オハヨウ、オハヨウ」
ずっと沢山喋っていて、とても感心していました。キュウチャンもブームだったようで、何軒かの玄関前で見かけたあとは、
めっきりみなくなりました。(この時代には、九官鳥を飼っている殆どの家はQちゃんと名づけていたような記憶があります。

鳥さんは、ペンギンさんみたいに飛ぶのをやめた鳥もいるし、地表の餌を食べるために飛ぶのを苦手とする鳥もいます。

地表にいて走ることが得意な鳥たちは 足がしっかりしているのが特徴的で、これはこれでかっこよいですねえ
エミュウも飼育できるならしたいもの。あの恐竜のような足がかっこいいなあ。。


鳥さんたちには うっとりです

とりさんたち。とりには、おっぱいがない。

Tweetはてなブックマークに追加
   


 


大好きなキジバト

ハトのヨチヨチした動きに心が動かされちゃうです
コザクラインコ 20年前くらいにいたインコ。 マルク・シャガールから名前をいただいて、
マルクという名前でした。ヒナの頃からいたので、河川敷にも肩に乗せて連れて行って、そらを飛ばせて運動させてあげたりしました。今、考えたら無謀よね 汗。
田舎なら、どこにでもいるよね

あおさぎ。さぎって形に特徴があるよね
あおさぎ

あたまのうしろのぷらぷら・・

 




写真見出し

田んぼの中で食べるものを探しています 背中のこの曲がり具合
サギの特徴となりますよね
画像でみるより
とても大きいです
純白な色です







白鳥さん、 子供の白鳥と一緒です 白鳥が幼鳥のころは、色がこんなふうについてるのよね

「みにくいあひるの子」という物語がありました。
くちばしの色もちがうのね
母鳥さんのあとを、ずっと追っていきます。
羽毛がみっちりしているの
抱き上げたらつややかで みちみちかな




                       ハシビロコウのビルさん。

はじめてハシビロコウをみたときには

その大きさに驚きました
ハシビロコウさんの後ろ姿

なに。。なんなの。この愛らしいあたまは・・あたまをクリクリしたくなるう
こっちをみているときの

ハシビロコウさんの特徴的なくちばし。 ものすごく威圧感が・・
ああ、かっくいい
←威圧感が半端なかったのに 
この にっこりしたようか顔・・。
大変すてきすぎます。




ハシビロコウさん。すきですっ

ハシビロコウさんの目は明るいブルーなの

だからかなあ、眼に深さがあって眼力もあるのよね。
ハシビロコウさんの全体

なんだか足と身体のバランスが?あれ?・・みたいなところが
またいいのかも
うわああああ

これ、、お見合い写真だったら、、すぐにお見合いしてしまう・・。
こんな表情のときもあるのよね

 これはまったく別人のよう。あ、別鳥ね。捨てないで~と、
すがりつきたくなる顔ですね


こういうハトにも弱いんですってば。。はあと。

目が赤いです

そして 尾がこうしてあがっているので孔雀鳩
この尾は孔雀みたいにおろせないの
作られたはとさん。。

平和の象徴なのね
くじゃくさん

羽をおろしているから すっきりとしてみえます
このブルーメタリックな色。。。うっとり。。
自然の中でどうしてこんな色なのかと
鳥さんたちの色はカラフルな鳥が多いわよね

くじゃくさん、緑の色もきれい。




あたまのぽんぽんしている羽は
お手入れしているの?
顔はね、手塚治虫さんが描く鳥さんにとても似ているよね
たまらなく地味なんだけれど

この鳥さんをみたときに はじめてみたから
衝撃をうけたの
そうよね。地面にいる鳥は、まだまだ沢山地球上にはいるのよね。この鳥さん、大きめです
孔雀さんよりは小さいけれど。
おとなしいの

こうして木の上に乗ったら、しゃがんでこちらをみているの。




キバタン  白くて頭がきいろくて。

枝にぶらさがって、くるくる回ったり逆さになったりして遊んでいるよね。遊び好きなとりさんです



卵をあたためているところを通ったの

幼鳥は、地味な色でした。

大きな人工池に

わらわらわら。

があがあ

あひるちゃん、、かわいいなあ

後ろにくっついて歩いてくると、たまらないです
首をかしげてこっちをみるの。










   


はてなブックマークに追加 inserted by FC2 system